店長森本の居酒屋風対談 vol.5 :mock heroic


2017年1月20日 夜
場所:下北沢『MOSAiC』事務所
対談:mock heroic

mock全体


2011年千葉県市川市本八幡にて結成された四人組ロックバンド『mock heroic』。
時代に流されない独自の音楽性を貫き、確固たる実力を兼ね備えた唯一無二の正統派バンドだ。

mockheroic

左から、藤田 昇(Dr.Cho.) 、遠藤 雅樹(Vo.Gt.)、増田 冴希(Ba.Cho.)、藤井 新(Gt.)


ついに2017年2月、バンド史上初となる全国流通「She Said Sea Sun」をタワーレコード限定でリリース。
渾身の一枚に込めたメンバーそれぞれの拘りや、リリースを記念した初のワンマンライブに向けての意気込み、愛してやまない千葉のラーメン屋”かいざん”への熱い思いなど、mock heroicという4人組のちょっとおチャラけでスケベでいい加減だけど 憎めない!そんな彼らの素顔に迫ってみました。

mock heroicってどんなバンド?って方は、こちらの映像を見てから読んでくださいね!



それでは行ってみましょう!


4人のリスペクトがしっかり詰まった4曲。この1枚で、”mock heroic”が何なのか分かる。

mock12

森本「このたび初めてmock heroicのCDが全国流通でリリースされましたが、そのことについてどんな心境ですか?」

遠藤雅樹(Vo/Gt)※以下遠藤「初めてですからね!初めてってことで、期待と緊張とワクワクと、もうたくさん色々あります!」

森本「今までmockのCDが流通されていなかったという点が、俺としては意外やったんやけど、今までずっと自主で会場限定とかで売ってて、それで今回初めて流通乗せるってことは大きいことやん?」

遠藤「いちおう過去に流通するタイミングとかあったんですけどね。でもまだその時点では踏み切れなくて、もう少し貯めて貯めて、”まだだ、まだだ”とタイミングを伺って、それで今回、やっといいんじゃないかと思って。」

森本「自主レーベルを立ち上げての、今回?」

遠藤「そうですね、自主です。いろいろ力になってくれる方も増えてきたんですが、まずは自分たちでどこまでやれるかってことで、挑戦でもありますね!」

森本「さっそくこの新しいCD”She Said Sea Sun”を聴かせて頂きましたが、いい作品ですねー。素晴らしい。」

mock heroic(一同)「ありがとうございます!」


S_5589925827798

She Said Sea Sun<タワーレコード限定>
1.morning call
2.太陽が言っている
3.春の風 (2017 ver.)
4.シンデレラ (Live ver.)

発売日:2017/02/08 レーベル:mock heroic
MOCK-0001


森本「4曲収録されていて、パっと見た感じ以前からmockを知ってる者としては、やはり最後に収録されている”シンデレラ”に目が行くね!”シンデレラ”も入ってるんやー!って。でも今回のアルバムのリード曲は、もちろん別の曲?」

遠藤「そうです!リードトラックは1曲目の”morning call”ですね。」

森本「聴いた瞬間に”ビートルズだ!”と思いました。このmorning call!」

藤田昇(Dr)※以下藤田「そうですね(笑)今回はA面がmorning call、B面が2曲目の”太陽が言っている”というイメージですね。」

遠藤「2曲目の“太陽が言っている”はストーンズです。あとフジファブリックとかのイメージ。」

増田冴希(Ba)※以下増田「俺はビートルズですけど。。」

藤田「俺に至っては”REVSONICS”だからね。みんな楽曲に対する思いが全然違う(笑)」

森本「REVSONICSはプラネットK(吉祥寺)のバンドやね。」

遠藤「そうそう俺らも大好きな。」

藤田「ただの先輩バンドです(笑)」

mock2

森本「楽曲の捉え方がメンバーそれぞれ違うという点で、いつも俺はmockって面白いなーって思うのが、本当に音楽好きが集まって、”この曲はこのバンドのこんな感じにしようよー”とか言って、キャッキャ言いながらアレンジとか進めてそうでいいよね!」

藤井新(Gt)※以下新「そういう意味でも僕的に、2曲目の最初が聴きどころですね。」

遠藤「そうだね!」

森本「“太陽が言っている”の最初の部分ね!」

新「はい。最初のイントロは拘りが詰まりまくってます。」

遠藤「そうっすね!みんなの好きがいっぱい。」

新「リスペクトが詰まってる。」

森本「聴いてみましたが、アイデアが面白かった!」

新「2曲目の“太陽が言っている”は、メンバー各々の方向性は若干違うかもしれないけど、各々のリスペクトがそれぞれ入ってるみたいな感じがするんですよね。」

森本「”ここのこの部分は、あのバンドのこの感じだ”ってやつ?」

新「はい。たぶん各々そういう感じが何かしらあって、それが「パンッ」(手を叩く)とハマるみたいな。」

遠藤「つまり言い方を変えると…いっぱいパクッてる… (笑)」

森本「いやいや、リスペクトやから!(笑)」

遠藤「大事ですから(笑)」

森本「まっさんはどうっすか?聴きどころとして。」

増田「聴きどころ…聴きどころってなに…」

mock5

森本「なんか無いの?ベースで心掛けたこととか、なんか無いん?」

増田「あーーー…」

遠藤「あのスピッツのとことか言ったらいいよ。”morning call”の…」

森本「何それ?何それ?」

増田「スピッツのチェリーみたいなソロ弾いていい?つって…」

遠藤「急遽、何かいきなり入れてきたんですよ。スピッツの”チェリー”の間奏のベースラインを、morning callのソロ前の間奏に入れてきました。」

増田「ソロっつうかなんなんすかね、あれ。まあ間奏?」

森本「つまりメンバー各々のリスペクトが詰まっていて、聴きどころとしてそういう面白さもあるっていうことね!!」

遠藤「リスペクトのあり合わせでしかもう作ってないと思う。気付いたら(笑)」

森本「いや、ええと思う!mockってそういう感じがええのよ!ちゃんと音楽好きが集まってる感じがするからね!流行りに捕らわれずルーツミュージックからちゃんと研究してる感じ!」

遠藤「なのでこのアルバムは4曲しかないけど、俺たちを分かってよっていう名刺代わりみたいな1枚になってます!」


”春の風”も”シンデレラ”も音源が無くなったので、ライブバージョンを入れてみた!

mock3

森本「さっきも言ったけど、ここ最近までのmockの代表曲は”シンデレラ”っていうイメージでしたが、今作にはなんと”春の風”と、”シンデレラ”のライブバージョンが収録されているという。」

遠藤「そうなんです!どちらも音源が無くなっちゃったんで、じゃあライブバージョン入れようと。」

森本「このCDを買わないと、もう手に入らないというワケね!」

遠藤「そうです。一応差別化を図るためにミックスしなおして。」

森本「昔はボーナストラックにライブバージョンが入ってるとかよくありましたが、ここ最近では珍しいよね!mockのそうゆうとこ良いと思う!」

mock heroic(一同)「(笑)」

森本「このライブバージョンの音は、どうやって録ったの?」

遠藤「ちゃんと専属のライブRECできる卓を持ってきてもらって…」

藤田「けっこうちゃんと録ってもらいました。でもライブ感、逆にないかも…」

遠藤「フィーバー(新代田)で録ってもらったんですけど、いやもう、その日のライブ全然お客さんいなくて(笑)おっさんのバンドと対バンして、ワケ分からんなーみたいな(笑)楽屋広いな~みたいな(笑)ライブの音源録ってるって頭の中であって、お客さんも全然いないから、なんかレコーディングって感じでした(笑)」

mock4

森本「普通に一発録りのレコーディングをやってる感じやね(笑)」

藤田「割りと”ガチッ”と決まりはしました。」

森本「フロアのエアー感とか、お客さんの声とかは入ってないんやね。まあでもライブならではの、モックの実力がしっかり感じ取れるトラックになってたけどね!」

藤田「(笑) そうゆうことにしておきましょう!」

遠藤「でもちゃんと聴くと、メンバーそれぞれプレイが伺い合ってる感じなんです(笑) 皆なんかちゃんと落として(笑)バーンみたいな(笑)」

森本「録音されてるから、ビビりながらの演奏になってるワケね!(笑)」


タイトル「She Said Sea Sun」には特別な思いがこもってます!

mock6

森本「今回のこの”She Said Sea Sun”というタイトルに込めた意味は?」

遠藤「あのー、she said she said ってあるじゃないですか?ビートルズの…」

シー・セッド・シー・セッド – Wikipedia

森本「あっ、それをモジった感じ??」

藤田「いや、実は好きなラーメン屋がありまして…」

遠藤「”かいざん”ってラーメン屋なんすけど…」

森本「ほうほう。誰が好きなの?」

藤田「全員好きっす!」

遠藤「”海山”って書くんですけど、”she said sea mountain”にしちゃうとリズムが良くないし…、あ、ついでに言うと俺たちが使ってるスタジオが”sun”っていうんですけど…」

森本「ほうほう。じゃあビートルズとラーメン屋と…ん?スタジオ??」

遠藤「えっと、地元のスタジオが”sun”で太陽なんすけど、山を訓読みにして”サン”にして、つまり結局”彼女が言ったラーメン屋”…。」

森本「くだらん!!(爆笑)」

mock7

遠藤「くだらないでしょ?(笑)でも、俺らもそれなりにかなり練ったんですよ!藤田が居ない時に!」

藤田「タイトル決める時、俺は旅行に行ってたんすよ。」

遠藤「残ったメンバーでタイトルどうしようかってなって。で、”She Said Sea
Sun”に決めて、藤田にはラインで報告しました。”タイトル決まったよ”って(笑)」

藤田「決まったんだ… ビートルズだなとは思ったけど… ”かいざん”ね。みたいな。」

遠藤「俺ら一番かいざん大事にしてたよね。レコーディング期間、終わったら必ずそこに行くみたいな。」

森本「ちなみにどこにあんの?」

藤田「千葉の西船橋。」

遠藤「津田沼にもあります。」



船橋のラーメンを語る上で絶対に外せないお店、創業1988年5月の老舗「ラーメンかいざん」


遠藤「最近新小岩にもできたんすよ。」

森本「何ベース?」

藤田「家系ですね…」

遠藤「あ、でもラーメンショップの派生で、ネギチャーシューが乗ってるっていうだけです。」

藤田「でもおいしいです。せい家よりもおいしい。」

遠藤「だからなんか、千葉のソールフードと言えば”なりたけ”とかいう人いますけど、あんなのファックですよ。」

藤田「俺ら”かいざん”派ですよ。いや、別に”なりたけ”も好きだけど…別にいいんだけど…」


千葉を中心に6店舗「なりたけ」背脂のうま味を活かしたこってりスープに自家製太麺


遠藤「ファックだよ。あんな戦わなきゃならないラーメンないでしょ。」

藤田「あー、はいはい、なりたけね!ってなる。」


MOSAiCの出演者考案カクテルを真面目に考えているのは俺らだけ!!

mock8

藤田「全然話が変わるんですが、毎回MOSAiCに出る時に出演者が考えるオリジナルドリンクってあるじゃないですか?それを俺ら毎回すごい考えてるんすよ。」

遠藤「俺らは毎回突いてる。世の中を。」

森本「今日は何ていうドリンク出したの?」

藤田「今日は”マギー”。」

遠藤「横山健と不倫した…。」

森本「あーーー!(笑)」

遠藤「何かマギーをモジろうとしたんすけど、出てこないからもう”マギー”で。”マギー”って書かれるといいなって。(ドリンクメニューの看板に)」

森本「マギー!!(笑)不倫騒動あったね!」

藤田「カクテルの色も可能なら金色にしてくださいって。」

遠藤「そうそうそうそう。”STAY GOLD”にしたかった。」

森本「面白いな(笑)金色は出来へんなー流石に(笑)」

遠藤「ベースの味は”難波さん”って書きたかったもん(笑)」

一同「(笑)」

mock9

藤田「前回(のオリジナルカクテル)は”全全全裸”でした。」

森本「あーそうや。あれ何でやったっけ?」

藤田「” 前前前世”が・・君の名は。が流行ってたから。」

遠藤「全全全裸〇〇やっと目を覚ましたかい?前前前世の曲の冒頭が”やっと目を覚ましたかい?”なんですけど、ちょっとやばいじゃないですか?全全全裸で…(笑)」

森本「”全全全裸”で、”やっと目を覚ましたかい?”(笑)思いっきり下ネタやん(笑)」

遠藤「これでも二杯売れてましたよ!」

全員「(笑)」

森本「今日は何杯売れたの?」

遠藤「今日二杯!」

全員「(笑)」

藤田「絶対毎回固定の人しか買ってない!」

遠藤「そう固定の人しか買ってない!」

森本「このくだらない感じがええよね!mock heroicは!(笑)」

mock10

(mock heroicは、『増田家』という名前で時々フード販売の出張サービスを行っている。)
※メニューはラーメンでは無くホットドックやフランクフルトなど。


何気に初ワンマンなんです!!3月23日@下北沢SHELTER

mock11

森本「この”She Said Sea Sun”のリリースが2月8日で、そして3月にはリリースを記念したワンマンライブがありますね!」

遠藤「3月23日です。何気に初ワンマン!」

森本「場所はMOSAiCじゃなくてSHELTER。MOSAiCじゃなくてSHELTER!!MOSAiCじゃなくて!!!!」

遠藤「いやいや!MOSAiCでやりたいんですけど、いろいろ事情があるんですよー!!MOSAiCでのワンマンはやっぱりあの、凱旋がいいです…。」

森本「ぜひお願いします!!因みに3/23のワンマン後は、いろいろツアー回るの?」

遠藤「いろいろ決まってきてはいます!楽しみにしててください!あ、でも俺ら大阪しか行ってないんですよ。あと名古屋と京都。」

藤田「東名阪…」

森本「お客さん入いる?」

遠藤「入らないっす。バンドマンばっか。」

mock1

森本「まあ最初はな…向こうのバンドの企画とか呼ばれたらいいよね!」

藤田「今年やっと”フィッシュライフ”の企画に呼ばれました!」

遠藤「フィッシュライフの…レコ発だよね?」

森本「いい感じやった?」

遠藤「楽しかったっす!すげー楽しかった!だから地方にももっと呼んでもらいたいです!」

森本「しかし初ワンマンかー。初っていうのも意外やけどね!どんな感じのワンマンにするの?」

遠藤「昔の曲もやりたいなって思ってます。”モナリザ”(初期の代表曲)レベルの古い曲とか、それより前のとか。」

藤田「今まで見てくれてた人達にも、また次が始まる一日にできたらなって。そういう意味で昔の曲も今の曲も織り交ぜてやりたいなって。」

mock13

森本「 おお。因みに何曲くらいやる予定なの?一時間半くらい?」

遠藤「1時間半~2時間くらいですかね。」

森本「じゃあ本編15、16曲くらいかな?」

遠藤「いや、もっとやるんじゃないすか?20曲くらいですよ!」

藤田「 いや20曲やったら、俺ら2時間で収まらないでしょ。」

遠藤「まあ、みんな曲知らないしね。」

森本「ちょっと物足りないなーってくらいの方が、絶対次に繋がると思う。」

mock14

遠藤「もちろんです!ちょっと物足りないなーってお客さんが感じるくらい、アっという間のワンマンにします。今回のワンマンは初ワンマンなんでかなり気合い入ってますけど、あくまで通過点だと思ってます。」

森本「最終的には武道館やもんね!」

遠藤「いえ、東京ドームです!」

森本「楽しみやね!」


【ライブ情報】
2017年3月23日(木)
mock heroic
「She Said Sea Sun」release ONEMAN SHOW!!
「HARUDESUYO!」
OPEN 19:00 / START 19:30
ADV¥2500 / DOOR未定

e+


mock heroic official web site


ライター / 森本真一郎
下北沢MOSAiC 店長 / 下北新地録音盤 代表
昭和53年10月7日生まれ
【出身地】兵庫県出身
【血液型】B型
【趣味】なし
【特技】なし
【好き】お酒、鶏肉、美人
【嫌い】レーズン